闘戦記のブレス耐性はどのように積むべきか

「敵がそこそこの頻度でブレスを使ってくる」「その対処が戦略全体において重要度が高め」という前提が崩れない限り、LV3になっても必要となるであろう闘戦記におけるブレス耐性。そのせいというべきかいまのところ盾職が優勢であり、我らがバトルマスターは後塵を拝している有様。いや、まだまだチャンスはあると信じているぞ。

 さて、必要なモノがブレス耐性だけではないので、まだ装備の買い方に悩んでいる人もいるはず。もちろん僕もそうなので、自分の考え方をまとめる意味でもブレス耐性に特化して記事にしてみようと思う。なにせまだ二日目。追記や修正も十分ありうると思って、鵜呑みにはせず参考程度にしてたも。

 ことブレスに関しては「LV3で急に不要になる」というコトはやや考えにくい情勢になってきたが、昨日も書いたように、堅実を期すならこの記事も明日以降を待ってから参照してもらってもいいかもしれない。
 

ブレス・呪い・闇耐性の兼ね合い

 闘戦記への挑戦者をもっとも悩ませているのはこの3種の要素の取捨選択ではないだろうか。闇耐性は一般的とは言えないけれど、いちおう同じ錬金枠を取り合っている要素として加えた。

 大きく3つのパターンに分けて、それぞれの耐性を積むことの利点と欠点を比較しよう。


・ブレス80%

 フバーハ1回で2種のブレスを無効化できる。天地を含んでいるPTの場合、カカロンがフバーハのみならずヒーリングオーラでもブレス耐性を撒いてくれるため、ほぼ自動的にブレスを回避できる塩梅になる。多少は間があいたとしても、自分で心頭滅却するのが悪手に見えるほどだ。

コラム

ヒーリングオーラの大事な性質として「蘇生と同時であってもスクルト・フバーハが掛かる」という点がある。それゆえにブレス無効ゾンビができあがるのだ。闘戦記はあきらかにカカロンの、そして天地の存在を意識して構築された戦場だ。

 欠点は、盾と体上がブレス錬金にほぼ占められてしまうこと。呪い耐性との両立は指輪や宝珠、ベルトを利用しないと難しい。ただブレス80%自体は宝珠まで利用すればそれほど法外なコストは要しない。

 ちなみに「錬金を一か所だけ呪い耐性にする」ことで、指輪のみで「ブレス80%+呪い耐性」を実現できる。ただし、残る5か所の錬金枠でブレス80%にするためには、ブレス宝珠で6%を盛るとしても、大盾なら「基本効果がブレス10%の盾」で錬金分64%、小盾ならブルームで錬金分66%が必要。ハードルは高い。


・ブレス60%+呪い耐性

 フバーハ2回でのブレス無効化を可能にしつつ呪い耐性を完備する

 80%と違って、人間が能動的に心頭滅却・フバーハをしなければブレス無効を維持できない。もちろん死ななければいいのだが、難しい。基本的には各自が生還するたびに滅却することになるだろう。つまりゾンビ戦術との相性は悪い。戦士入り構成などで生存を重視する場合には活きてきそうだ。おびえも必要になるけれど、ある意味では80%よりもフバーハ依存度が低いともいえる。ときと場合によっては滅却をかなぐり捨てても、少なくとも状態異常にならないからだ。

 指輪が破呪で構わなければ実現は容易で、呪い+ブレスのハイブリッドを盾・体上ともに用意できるなら指輪フリーも可能。


・闇耐性100(+呪い耐性)

 ダークネスブレス、魔蝕、闇の流星を無効化する。すまない、邪魂冥道波は確認できていない。LV1でいえば、敵がこれらの技を解禁し、頻繁に使ってくる後半戦で活きる。

 ハードルが高すぎるゆえになんとなく「コレが一番」みたいに思っちゃう人もいるかもしれないが、実は失うものも多い。闇耐性とブレスの両立はほぼムリで、絶対零度に対してはガラあきになる。心頭滅却の40%削減のみではなかなか生き残れないし、おびえも問題になる。

 加えて、闇42などの神器でない限りは食事がダークタルトで固定され、大竜玉も装備できないのでHP面にも不安を残す。

 全属性耐性低下をくらった場合も耐性を崩される。ただし、コレを起こすダークネスブレスと魔蝕をそもそも無効化できるので、シャドウウィスパーさえ回避できれば大丈夫。
 

所感

 PTに天地がいるのであれば、ブレス80%を達成しておく利はかなり大きいと感じる。詳しくは上のコラムも読んでほしい。上では呪い耐性との両立は困難と書いたけれど、なんなら呪いは90%くらいだって構わないと僕は思う。ダークネスを防げる以上、呪いを起こすのは魔蝕だけだ。そして魔蝕は少し難しいとはいえ回避可能である。いつものやつより小さいからね。

 逆に天地入りでないのならば、80%であってもブレス無効のために誰かの一手が必要になる点では変わらないので、重要度が下がる。この場合は呪い耐性100%を堅持したくなるだろう。

 注意を促したいことがあるとすれば、無効化を前提としてブレス耐性を積む以上は、たとえば81%とか61%とかいう積み方はムダではないにせよ、コスト的に優れていないというコト。今から装備を購入するのであれば、自分に必要なラインをしっかり見定めた方がお得だ。

 その際に付随して注意すべきなのが自分がブレス耐性宝珠をどこまで利用するつもりなのかだ。最大で6%まで担ってくれるとはいえ、そのためにはLV5にするためのポイントと飾り石枠ひとつが費やされ、その分のしわ寄せは他の炎宝珠に及んでくる。宝珠のステータス上昇くらいは誤差と感じる人ももちろんいると思うけれど、こちらのコストもいちおう頭の片隅には置いておくといいよ。