ホイミンはキメラの代役たりうるか

「え、きみ盾が持てないの? あっそう、じゃあ劣化ホイミンだね」という具合でメッキー君ことキメラに不当な評価をくだしていた結果、僕の牧場にはキメラがいない。先見の明がないとはこのコトで、まるで人事に向いていない。

残された道は2つ。1つめは、悔い改めて野生のキメラにこうべを垂れて採用すること。そして2つめは、嫌がるホイミンを強引に戦場に放り込むこと。
 

ホイミンとメッキーの違い

 そもそもなぜ闘戦記にメッキーが採用されたかといえば、その最重要ポイントは回復呪文を封印できる上で「天使・聖女」をあわせ持っていることだ。ホイミンには聖女がない

 だが、その他の点に関しては「浮遊能力もちの回復型AI」という点で2匹は似通っている。「聖女がない」という点を人間僧侶が補ってやれば、ホイミンでも闘戦記を戦い抜けたりしないだろうか?


 そこで、この2匹それぞれの利点を考えてみる。

◆メッキーの利点
・聖女を覚える
・すばやさが高い
・呪文発動が速い

◆ホイミンの利点
・盾を持てる(ブレス80や闇100が可能)
・みかわし率が高い
 

 ゾンビ戦術における「すばやさの重要性」が認知されて久しいが、この点についてもホイミンの劣勢は覆い難い。
 スキルセッティングや装備次第でもあるが、平然とすばやさ900を超えてくるメッキーに対し、ホイミンはクッキー込みでも600そこそこ。良質なゾンビクラゲとはいいがたいだろう。MPも低い。

hoiminste いっぽう、メッキーになくてホイミンにある最大の利点はやはり「盾」だ。ブレスには打つ手がないメッキーと違い、ホイミンは完全無効化の可能性を持つ。

 さらに、基礎スキルに「みかわし率10%」がある。すばやさによるみかわし補正の実際はよくわからないが、100毎に1%というのはよく聞く話。その差を加味しても、みのこなしはホイミンに一日の長がある。
 盾ガードの発動まで加味すれば、ホイミンの生存力はメッキーを大きく凌駕するハズだ。

hoiminsukiru 画像のスキル振りの場合、ホイミンのみかわし率は20%ブーストされている。これにすばやさ由来のみかわし率と盾ガード率が加わるワケである。
 たとえばデュアルクローに関していえば、ホイミンの場合「2発ともくらう」確率よりも「1発以上を回避する」確率の方が高くなる。
 

実際に放り込んでみた

 さて、机上のコトはこのくらいにして、実際にホイミンを連れていった結果を話そう。メッキー同様、回復呪文や不要な特技は封印している。

hoiminsosei 行動の優先順位はメッキーと同様の「蘇生>天使」。立ち回りを眺めている範囲でも、AIの挙動はほぼ同じに見える。つまり「置きザオ」は巧みである。

 まずⅠに連れていった時だが、これは失敗というか、あきらかに劣化メッキーであった。仕事が完全に「天使」「蘇生」に限定されているため、さほど死者の出ないⅠの戦場のホイミンはひたすらターンを余してしまう。ときどき裏に戻ってタバコ吸ってたよ。

 これならベホマラーを解禁した方が…とも思ったが、それはそれで肝心な時にザオでなくベホマラーしてたりするのでやはり中途半端である。メッキーの「理想的な置きザオからの高速聖女」というコンボがいかに優秀かを思い知らされることになった。なんという噛ませ犬。


 Ⅲになると少しだけ事情が変わった。
 死者がひっきりなしに運ばれてくるⅢではホイミンが暇を持て余すことはなく、むしろ聖女がない分だけ蘇生の迅速さでは勝っている感じもある。ただし同時に、ホイミンはよく逃げる。これはキメラの場合、逃げることよりも聖女を優先しているからじゃないかと思う。つまりホイミンだと敵がバラけやすい。

 期待していた生存率のほうだが、これは目に見えて高かった。ブレスの無効化はもちろん、大地やデュアルクローに対する「ラッキー生存」の頻度でメッキーとは一線を画す。

 参考になるかどうかはさておき「自分僧侶・ホイミン・サポ天地2人」という最初から討伐する気はないパーティで20分を戯れ抜くだけなら、ホイミンでも十分であった。


 ところで「ブレス100状態のホイミンは『自分にはブレスが効かない』という前提で動くのか?」という疑問があった。つまり不要な回避を省いてより効率的に動いてくれるのか、というコトだ。

 結果は、ブレス耐性を100にすることによるAI挙動の変化は確認できず、やはりブレスに対して(ほぼ無意味に)距離をとる動きをしていたようである。闇100は試せていないが、おそらく同じだと思う。
 参考として、メイヴ戦に雷耐性100のサポートを連れていった時は、回避不要のはずの始原の雷撃を回避しようとしていた。
 

所感

 「ホイミンはキメラの代役たりうるか」。タイトルの疑問に答えるとすれば「うーむ…まぁなんとかならないコトもないかな?」くらいは言っていいのではなかろうか。歯切れの悪さは隠し切れないのだが。

 やはり要所要所でホイミンの欠点…というよりもメッキーの優秀さが際立つことが多かった。聖女に関してはその有無自体よりも、上に書いたような挙動の違いの方が問題として大きかったように思う。

 ホイミンは間違いなく長期的な生存率においてメッキーに勝るが、行動速度の差(蘇生後の安定感も含む)を考慮するとそれをギリ相殺できるかできないか、といったところだろう。そうなると、結局は聖女がないという一点が足を引っ張る。いろいろ考えた末にスタート地点に戻ってきてしまった感じである。切ない。


 今まで最強の回復型モンスターとしてチヤホヤされ続けてきたホイミン君の胸中を思うと、メッキーによる突然の下剋上は痛恨であろう。せめて一度くらいは彼にも勝利の味を教えてやりたい気持ちはある。僕はもうしばらく彼にチャンスを与えてみたいと思う。