意外と複雑なブレス耐性のお話 ~完結編~

さあ残っていた宿題を片付けよう。前回のお話は、本来は単純な足し算で考えていいハズのブレス耐性が「ぼうぎょ行動」が絡んだ時に限ってちょっとヘンな計算になる、というコトだったね。

実はその「ヘンな計算」がまだ一つ残っているのだ。昨日のクイズを再掲しよう。

心頭滅却(40%)+体上のブレス錬金(40%)+宝珠LV4飾石のやいばのぼうぎょ(29.5%)= ブレス無効 or 消し炭?
 

やいばのぼうぎょ宝珠に潜む落とし穴

 上の条件は、前回見た範囲のブレス耐性のルールに従うと97.7%という耐性値になる。だがすまない、本当はなっていないんだ。

 結論から言うと、カギになるのはやいばのぼうぎょの宝珠だ。コレが悪さをしている。
 

 もともと25%の軽減率をもつやいばのぼうぎょを宝珠で4.5%底上げしているワケだが、実はこの宝珠でぼうぎょを強化した分だけは、先日の「ヘンな計算」の対象から外れている。つまり4.5%分は装備による耐性値などと同様に扱っていいのだ。

 計算をやりなおそう。心頭滅却(40%)と素のやいばのぼうぎょ(25%)は前回同様、先に掛け合わせて処理され55%になる。そしてそこに体上の耐性値(40%)と、宝珠強化分(4.5%)を足すのだ。結果として導かれる耐性値は97.7ではなく、99.5%である。
 

 コレ、仕組みとしてはだいぶヘンな話なんだ。やいばのぼうぎょの宝珠は「やいばのぼうぎょを強化する」のではなく「やいばのぼうぎょに、それ自体とは全く別種のダメージ軽減効果を付与している」というコトになるからだ。ヘンな話なので、逆にドラクエトリビアとしては面白い。
 

実地で検証してみよう

 文章だけでいくら説明しても「ええぇ、ホントかい?」というマスオさんの声が聞こえてきそうなので実際に見てみよう。

 心頭滅却(40%)+体上ブレス耐性(40%)は固定として、まずはやいばのぼうぎょ(25%)宝珠LV3+飾石(3.5%)の場合。今回確認した新しい式で計算すると、最終耐性値は98.5%だ↓

滅却+耐性40+やいばLV3飾ごらんの通りちょっと貫通した。計算通りだ。

次にやいばのぼうぎょ(25%)宝珠LV4+飾石(4.5%)という宿題の条件に戻そう。最終耐性値は99.5%。↓

滅却+耐性40+やいばLV4+飾 戦後の教科書みたいになってすまない。まだ耐性100%になっていないが、マッドファルコンのブレスがさほど強くないためダメージが1未満になって無効化されている。うーむ、これだと「すでに100%なのでは?」という疑惑が残るじゃないか。もっとアツいのを吐けファルコン。のどが焼け切れるまで吐け。
 

 とか悪態づいていたら、よりふさわしい相手が見つかった。ベリアルだ。彼はダメージ200前後のヘルファイアダメージ250前後のデスファイアを使い分ける便利なガスコンロである。

 99.5%という計算結果が正しいのなら、ヘルファイアはダメージが200未満だった時は無効化、200以上の時は1ダメージが貫通し、デスファイアは常時1ダメージをくらう、というコトになるはずだ。

同様ヘルファイア1同様ヘルファイア2 同様デスファイアばっちり仮説通りである。これでブレス耐性の計算式が正しいことと、小数点以下の耐性までしっかり活きていることが確認できた。
 

まとめ

 というワケで、2度にわたったブレス耐性のお話はこれで切り上げよう。ここまでのお話を堅苦しい式にまとめるなら

{1-(1-A戦闘中に変化した耐性値)×(1-Bぼうぎょ行動の軽減値)}+C装備および宝珠による軽減値+Dそのほか諸々の軽減要素 = 最終的な軽減率

Aの例(心頭滅却、フバーハ)
Bの例(やいばのぼうぎょ、だいぼうぎょ)
Cの例(ブレス錬金、ブレス耐性宝珠、やいばのぼうぎょ宝珠)
Dの例(ファランクス、磁界シールド)

てな感じになる。
 

コラム:属性耐性との関係

 

今回はブレス耐性の話だったので細かく触れなかったけども、ここに属性耐性が絡んだ時は、やはりぼうぎょ行動と同じように掛け算処理になる。上の式に「×(1-属性耐性値)」が足されるカタチだ。つまり「心頭滅却40%+炎耐性60%」では、炎のブレスを無効化できない。


 あとはこのお話、呪文耐性に対象を変えても全く同じコトになる。心頭滅却に対応するのが魔結界で、やはりその耐性値とぼうぎょ行動とは掛け算の関係にあり、そしてやいばのぼうぎょの宝珠分はそうではない。あ、だいぼうぎょの宝珠も一緒だよ。