「左手装備時無効」の文言の登場について

みんなは直近のアップデートにて、とある装備にこんな文言の変更があったことをご存じだろうか。

gateria 
ガテリアの宝剣に「左手装備時無効」という表記が追加されたのだ。おお、ありがたい。このテの効果は常に「左手でもいいの?」という疑問を抱かせがちだったのだから。

この文言、他にはどんな武器に追加されたのだろう。気になったので眺めてみた。


無いみたいだな


どうやらコレ、ガテリアの宝剣にしか追記されていないらしい。

ふむ、すると他の武器の効果は全て左手装備時も有効、というコトなんだろうか? 確かに先日検証したばかりのアンタッチャブルなんかも、左手でバッチリ効果を得られていた。

…と、疑問形を装ってはみたものの、現実はそうでないことを知ってはいるんだけども。とはいえこれも先日のブレス耐性のお話と同じで、古くからいる人はともかく、新しく始めた人にはまだわかりにくいシステムかもしれない。

さて、いい機会だしちょっとだけ例を挙げつつ確認してみよう。
 

①スカルブレイク

効果:攻撃時10.0%でチャージ時間10秒短縮

 コレは実際に広く活用されているので、ご存知の人も多いだろう。左手に装備してもしっかり効果が発動する。

 が、実は「攻撃時〇%で△△」の全てがそうであるワケではない。たとえば「攻撃時16%で毒」のポイズンスケイルを左手に装備したら、通常攻撃時こそ判定が起こるが特技使用時には起こらない。逆にどうやって使い分けとるんだ、毒塗ってあるのに相手につけないで斬る方がムズかしいじゃろ!

 効果対象が自分が敵かの違いはあるものの、もうすでにややこしくなってきた気配がある。
 

②エンシェントククリ

効果:①開戦時50%で早詠みの杖
   ②ターン消費しない率2%

 まず①の開戦時効果のほうは、左手に持っても発動する。僕もまほりこで防衛軍に行く時に開幕だけ装備したりしているよ。ちなみに2本持てば判定が2回になる。

 開戦時効果については総じてオッケイということで大丈夫だろう。
 

 さて、②の方なのだが…。
 これも、一時期話題になったので知っている人も多いと思う。なぜかこのターン消費しない率は左手だと「呪文を使った時」にのみ判定が起こるそうだ。どういう理屈でそうなのかはわからないが、とにかくそうらしい。

 この現象、確かに「左手装備時無効」で一蹴してしまうのはおかしいし、「左手時は呪文使用時のみ有効」なんてクドクドした表記が添えられてもオカシイので、適切な追記は難しかったのかもしれない。

 つまるところ「左手装備時無効」の文言がなくとも、必ずしもばっちり効果が働くワケではないという例はたくさんある。今後も「無効」の表記は、あくまでその武器に限定された断り書きだと考えた方がよさそうだ。
 

③プロセルピナ

効果:①全属性のダメージ+3%
   ②味方死亡時5%でテンションアップ

 これは実はちょっと前に検証している

 ①のダメージ上昇効果は、呪文の場合はしっかり左手分も効果があるが、物理攻撃をした場合は右手なら右手、左手なら左手の分しか働かない。つまり左右両方に持っていても3%しか上昇しない。

 これを理屈で説明しようとすれば「呪文には左右の区別がないので両方を使っている判定だが、物理の時はどちらかで叩いているので対応する分しか作用しない」てな具合になる。…のだが、この理屈は先のエンシェントククリには敷衍できない。それだったら通常攻撃でしっかり左手を振るっているのに、ククリの②の効果が発動しないのはオカシイからだ。

 うーん、うまいコト定式化できないのがもどかしい。

 プロセルピナの②の方の効果は、左手でも発動する。十中八九、両手に持てば発動機会が倍増している。左手でオッケイな以上、右手と合算されないというケースはほぼ無いとは思うのだが、試行回数が少ないので断言できないんだ。すまない。僕はこれ以上、仲間が目の前で斃れていくのを見たくないんだ…。

 

 今日は網羅的に武器効果を確認している時間はないけれども、とにかく左手武器の効果アリナシ問題は、いま尚ちょっと複雑だ。

 そしてそれが複雑になっているのは効果のアリナシを一貫した理由で説明できないためであるようだ。いや、もしかしたらどこかにまだ誰も見つけていない一貫性は存在しているのかもしれない。つまりソレを見つけたら一躍ヒーローではないのか? さあみんな、宝は我々の足元に眠っているのかもしれんぞ。掘るのだッ!